7/29/2014

 

日本の夏の風物詩 線香花火

 

遠慮しがちに 花を散らし始め やがて華やかな輝きを見せて楽しませたあと、変化しながら最後は雫のように静かに ぽたり と赤い玉が落ちる 日本ならではの風情のある花火。

 

名前の由来は 元々 スボ手と呼ばれる藁製のものを 京都の芸者さんが時計の無いお座敷の終了時間を知らせる芸者線香の代わりに この線香花火を立てたのがはじまりだとか。

一本の線香が燃え尽きる30分を一つの単位としていたため、給料である花代を線香代という呼び名として使われることも。

 

線香花火は関西発祥とされ、その後関東に渡り、美しく染められた和紙で火薬をよって作られたタイプのものができたようです。

 

現在 国産のものは1%ということですが、近年 お中元や少し贅沢な楽しみとして注目され、

復活の兆しがあり 古き良き日本の心を求める方が増えていることは嬉しいですね。

7/27/2014

無限大∞

大きさの事であるのか 可能性を意味しているのか・・・

 

 

紙を一度ひねって繋げた無限・・・メビウスの輪の中央をハサミで一周切ってみると、

大きな一つの輪になる驚きを思い出します。

 

メビウスとは「表裏がなく面が1つしかない」立体のこと

 

素直な人生を歩む人に似合う どこか気品のある心地良い形になりました。

 

7/6/2014

宇宙カプセル 

タイムカプセル

カプセル内視鏡

カプセルホテル

カプセルは 人類の未来に繋がります

6/8/2014

 

八は魅力的な数字です。

 

八方位・八正道・太陽系の惑星…エイトマン(?)

八はすべての側面を表す時に用いられ、

数学的にも人智的にも、絶対的な要素を持っている印象があります。

 

 

四の五のいわず、八にピンと来たら、ぜひ試してみて下さい。

クルミをちょっと大きくしたようなサイズは安定感があり、見ていて心地がいいものに仕上がりました。

 

 

5/6/2014

当店では お客様の心地よいかけごごちのために、

鼻幅、高さを合わせて目とレンズの距離が快適になるよう溶接、調整を行ってお渡ししています。

ぜひ、ご自分だけにピッタリのサイズ感をおたのしみください。

スッキリした いち山 がオススメですが、

パッドのあるものも、鼻パッド部分の種類を揃えております。

お困りの点をご相談ください。軽減できる場合があります。

Please reload

Featured Posts
Recent Posts

昭和の素材 SPM

December 28, 2016

1/5
Please reload

December 31, 2018

August 3, 2018

January 2, 2018

Please reload