top of page

2024年始まりました



本日3日より、営業しております。

今年はNARA TEIBANで仲良くさせていただいている岡井麻布商店のしめ縄でスタートです。昨年も多くの実りある出会いをいただき、まことにありがとうございました。


正に昨年は、様々なご要望に応えられるようウサギのようにピョンピョンと歩幅小さ目で技術の研磨に明け暮れた年でありました。今年は何かと、ワンランク上の表現や活動が求められる予感がします。健康に気を配りながら「えいや!」と精力的にチャレンジいたしますので、本年もよろしくお願い申し上げます。



2022年 新宿パークタワー アトリウムでの様子(TEIBANタブロイド紙より抜粋)

 

 さて、さっそく今月は24日(水)~28日(日)にかけて『TEIBAN展』が開催されます。場所はいつもの新宿パークタワー1階アトリウムです。

これは奈良県が行う「奈良ブランド開発支援事業」であり、製造業者の下請けからの脱却が目的の集まりであるのです。各社のブランディングを実践する場となっています。

 

 製薬会社・麻・製材所・ニット・靴下・貝ボタン・鉄工所など個性豊かな製造業者の代表者が参加しており、気軽に話せることが魅力です。お店では聞けないリアルな物づくりに触れることができます。



 昨年の私はというと、「ダーツボードで楽しみながら、両眼視へのアプローチ!」がテーマでした。眼鏡はファッションとして生活に溶け込んでいますが、本質が分かるともっと楽しいとの想いです。普段、お店では聞かない質問や眼への関心が生まれ、有意義な時間を過ごすことができました。 

そんなマニアックに掘り下げた実験ができること、これもTEIBAN展の魅力でもあります。


製造業者にとっても、ここで重ねた経験は刺激となって、物づくりに反映されるのです。詳しい内容はまた後日に、このブログでご案内させていただきます。



閲覧数:113回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page