top of page

技術


月間情報誌「眼鏡」8月号に、福井県眼鏡工業組合の産地検討委員会が中国を視察した記事がありました。19の眼鏡専用機械を視察し、将来の生産効率を上げるための機械の導入やその研修を検討していくとのことです。日本がアジアにノウハウや技術を提供するイメージでしたが、逆転して他国に学ぶ必要も出てきているのですね。技術は平らになり、製品の魅力の切磋琢磨がグローバル化します。


デジタルのレベルが上がればアナログが恋しくなるように、眼鏡で言えばさらに手仕事が求められると予想して、個別欲求に応える技術を磨いていきます。


オリジナル price 49,500yen(45,000)

 ※お好きなサイズでオーダーできます


閲覧数:119回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page