DEAR JAPAN 『 醤油 』

July 26, 2014

 

 

(和歌山県 湯浅町 「角長」 前にて撮影)

 

 

鎌倉時代の中頃、和歌山県湯浅の金山寺味噌の職人が味噌樽の上部や底に溜まった 赤褐色の汁を研究したのが醤油のはじまりでした。

 

店頭に並ぶまで、一年以上かけて手作りされる醤油は 調味料としてよりも、ちょんちょんと素材に直接付けて食べたい味です 

 

 

 大量生産は、価値あるものが必要とされ日常化した文化です。

けれども、原点は どういうものか…は常に持って置きたいですね

 

 

 

 

「 醤油造りに『一発逆転』のようなことは起こらない。

 その日にできる精一杯の努力を毎日積み重ね、次の世代に受け継ぐ。

 それが湯浅ブランドを守ることだ思っています」   (湯浅町パンフレットより)

 

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

昭和の素材 SPM

December 28, 2016

1/5
Please reload

Recent Posts

December 31, 2018

August 3, 2018

January 2, 2018

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic