行到水窮処 果無集落

October 27, 2015

 

 

写真は奈良県十津川村 果無集落

 

行到水窮処 (いきてはいたるみずのきわまるところ)

座看雲起時 (ざしてみるくものおこるとき)

山の中を歩き、水の窮まる所・・・水の流れの水源=山のてっぺんに座って

雲の沸き上がる様子を眺めている。

 

ポスターで見た風景。

くねくね山を巡ってやっと辿りついたのは、そんな言葉がぴったりの風景でした。

水の流れ 雲の流れ 時の流れ 逆らおうとするのではなく自然体が美しい

柔道をしていた 中学校の担任の先生も『自然体がイチバン強い』とのこと。

 

そっと分け入らなければ申し訳ないと感じつつも

心引かれ、知りたくなる風景なのは

熊野古道という古くから連なる道に いまも繋がる何かを

求めているからかもしれません。 

 

 

Please reload

Featured Posts

昭和の素材 SPM

December 28, 2016

1/5
Please reload

Recent Posts

December 31, 2018

August 3, 2018

January 2, 2018

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic