氷山の一角

February 14, 2016

奥深い丸めがね

 

店頭には現在 2〜3mm違いの6タイプの丸めがねがあり、

サイズの上では ほんと、ほんの少しの差なのですが、雰囲気に違いがあり

かけ比べて コレとコレの間のサイズにしたい・・・というオーダーをいただくこともある

面白い存在なのです。

 

しかし、

どーしても 丸めがね という響きが似合わない気がする。

と、いう場合 

次に かけ比べてお試しいただきたいカタチ「八角形」があります。

 

今回のフレームは

デザイン画をたくさん引いていて、ふと

この多角形のカクカクした「キラッと感」をシンプルな曲線にのせるといいのではないか!?

と、生まれた 上半分は十二角形 下半分は丸 と言う、

一本で2度おいしい? 

ステキなカタチなのです!

 

いいな と思える 今見えているカタチも

まだまだ氷山の一角なのかもしれません。

 

発見は まだこれから!  と期待させる一本に仕上がりました。

 

 

 

Please reload

Featured Posts

昭和の素材 SPM

December 28, 2016

1/5
Please reload

Recent Posts

December 31, 2018

August 3, 2018

January 2, 2018

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic